お問い合わせ

ブログ

キャンピングカーで、Go to Niseko!(スキー編)

「出会いこそ 人生の宝探しだね~」
なんて素敵な詩なのでしょうか。
5人組ダンス&ボーカルグループの有名曲の一説ですが、
会社の先輩が新年のあいさつでのせたひと言のこの歌詞が頭から離れない、、、

ーーーDO CAMPERの川南ですーーー

今回もキャンピングカーでこんな事ができます!というご提案ということで、
キャンピングカーで1泊2日で、あのニセコに行って参りました。

『マイクロツーリズム』という言葉が飛び交っていますが、ウィキペディアでは、
「自宅から1時間から2時間圏内の地元または近隣への宿泊観光や日帰り観光を指す。」とあります。
かの星野リゾートの代表の方の提唱だったとは、無知でした。

冬の時期の今、遠くへでかけるのはちょっと大変だけど、1時間から2時間程度だったら移動も苦にならないですよね。
そもそもキャンピングカーのルーツは、1,800年代の馬車だったのだとか。
今から200年前のフランスで馬車に居住空間を設けたタイプが作られたようで、それが起源となり、
1,910年代頃のアメリカで、馬からエンジンに動力が進化し、量産したのだとか。
まだ長距離移動を計算された作りではなく、朝出発して隣町にゆっくり移動し、15時には夜ごはんを作って、寝る。
そうやって、北アメリカ大陸を西から東へ車中泊しながら移動する。

日本人の旅行スタイルは私を含めて、どうせならあそこに行って、次はあそこでご飯を食べて、と結構予定を詰め込んでしまいがちではないでしょうか。
それから考えると1日で隣町までしか移動しないで、時間をゆったり使う事を楽しむ旅行は、なんて素敵なのでしょうか。

前段を踏まえ、マイクロツーリズム的に札幌・千歳の道央圏を中心に考えた場合、1時間圏内と、2時間圏内の地図が↓です。

〇1時間圏内のスキー場はたくさんあります。
朝、キャンピングカーを借りて、1時間圏内のスキー場でスキーをして、夕方・夜に返却する、という日帰り利用でも可能だと思います。
スキー場でゲレンデは大丈夫だけども、休憩場が込み合っていたら今の時期心配という方は、キャンピングカーを休憩場にしたら良いと思います。
お子様とお父さんはスキーに、お母さんと乳児や、おじいちゃん、おばあちゃんはキャンピングカーでゆっくりする、なんて使い方もできます。
ついでにワンちゃんも同乗できる車両もあります。

◎今回のブログでは、2時間圏内程度で行けるニセコ町でのスキー旅、1泊2日のパターンです。
夕方に札幌から出発して、1日目は京極町の温泉に入り、そこから車で1分もかからない道の駅で車中泊させてもらいました。
露天風呂もあるし、薬湯のような泡風呂もあって気持ちよくなってしまい、温泉に入ったらお酒を飲みたくなって、すぐそこの道の駅で泊まってしまったというパターンなのですが、
京極の道の駅は24時間トイレに暖房がついていて温かかったです。(コレなかなかポイント高いのでは)

次の日の朝、6時に起きて、京極の名水を散策。(朝日が目覚まし時計替わりに)


雪に包まれたふきだし公園。心の洗濯中。


この名水をペットボトルに入れて、寝起きの一杯。
空腹の五臓六腑に沁みる~~

さて、ニセコへ向けて出発!

京極町からニセコまでゆっくり移動しても車で1時間かかりません。
ですが、エゾ富士と呼ばれる羊蹄山を横目に雪景色を楽しみながら、あえてゆっくり運転をする。
時は金なりとは、ある意味こういう時間が貴重だよという意味もあるのかな~と考えながら運転していると、
ニセコモイワスキー場に到着。

実はこちらのスキー場に隣接したホテルには、昨年弊社のキャンピングカーをホテルとして設置させて頂いており、その挨拶もしてこようかと。
その記事は↓にリンクします。(是非検索してみてください!)
https://www.facebook.com/docamper.hokkaido/photos/a.488281924699246/1624650624395698/

さて、スキーしようかと、準備に入ります。
スキーウェアに社内で着替えて(これもキャンピングカーだと、温かい車内でできるので便利!です)
↓の写真はマルチルームという所です。スーツケースや荷物を入れたり、着替えをしたり、様々な使い方ができます。

スキーは車両後方の荷物入れにはいります。(ボードだって入りますよ!)

スキー靴を履き替える際に、折りたたみチェアがあると便利です。(オプションレンタルもできます)

リフト券を購入し、ゲレンデへ(最近はICカードになって便利です)
携帯がなんだか鳴っていましたが、余暇を楽しむ為にスキーに没頭してました。
パウダースノーを実感。シャンパンスノーと呼ばれる雪質もあるらしいですね。
スキーの模様は、また別ブログで。

3時間ほどスキーをして、程よい疲労感に見舞われながら、温泉へGo-!

ニセコには、沢山温泉がありますが、その源泉で泉質が違うのだとか。
すごいですよね。
グレー色の硫黄泉の温泉もあるのですが、
個人的に好きなのは、黄色い硫黄泉の温泉で、山の上にあります。
もちろん冬でも車で行けます。
そのニセコパノラマラインという道路の雪景色がまたサイコーです。

目的の硫黄泉の温泉は、「硫黄が混じって湯の色が日によって五色に見える」ことが名前の由来だとか。
(弟子屈町の川湯の温泉や、草津の温泉とは成分が似ているのでしょうか)

温泉が終わり、帰路に帰る途中の羊蹄山が見える麓に、また名水豆腐という看板を発見。

京極町のふきだし公園とは、羊蹄山を挟んでほぼ反対側に位置しているこちらの湧き水も、羊蹄山からの湧き水で、羊蹄山に降った雨や雪溶け水が、数十年の歳月をかけて大自然のフィルターでろ過され、ミネラル成分をたっぷり含んだ水へと生まれ変わったものらしいです。
風呂上りの一杯と、お留守番している老犬ワンコへのお土産にしようとペットボトルでまた汲む。(この横にお豆腐屋さんがあります。絶品!)

これから、札幌へ帰宅して、車両を返却。
1泊2日のマイクロツーリズムとか難しいこと言っておいて、内容濃い!という声を応援歌として、
まずはGo to ニセコ!(スキー編)でした。

to be continued

北海道キャンピングカーレンタル 
DO CAMPER
〜「モノ」より「コト」の思い出作り〜
ウェブサイト https://do-camper.com/
メールアドレス info@do-camper.com
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/docamper.hokkaido/
公式Instagram:https://www.instagram.com/docamper/

#北海道 #キャンピングカー #docamper #モノよりコトの思い出作り #vanlife #camp #docamper_photo #コルドバンクス #セレンゲティ #車中泊 #ペット #ワンちゃん #hokkaido #campingcar #campervan #キャンプ #冬休み #スキー #スケート#冬車中泊#ニセコ#ニセコモイワ#レンタカー#名水#湧き水#温泉#絶景スポット#写真スポット#夜景#川南#

ご予約・お問い合わせ

Tel0123-29-5590

北海道キャンピングカーレンタル DO CAMPER
札幌営業所 営業時間(平日8:00~19:00)
千歳営業所 営業時間(10:00~19:00)