お問い合わせ

ブログ

キャンピングカーの汎用性についての考察

ホワイトアウトを経験しました。
ホワイトアウトとは、雪や雲などによって視界が白一色となり、方向・高度・地形の起伏が識別不能となる現象。

ホワイトアウトに加えて、「数年に一度の猛吹雪」
桜吹雪だと良いのですが、家の屋根が吹き飛んでいる映像もあったくらい、あの日の風は相当強く、
キャンピングカーの特性上、風にはとても弱いです。
架装部分のボディがかなり大きいので、まともに風を受けやすいです。

キャンピングカーで十勝から札幌に帰る日の夕方、札幌のオフィスにいる先輩と電話でのやり取りの一部です。
私「日勝峠が強風で通行止、道東道高速も通行止、富良野方面も、浦河方面も通行規制がかかっている。」
先輩『今はどの辺りにいるのか』
私「道路わきの駐車スペースに停車している」
先輩『燃料はあるのか?水や食料は?』
私「燃料は半分くらいあり、コーヒーが1本、あとお菓子が少し。最悪雪をとかして水として飲めますね」
先輩『近くに食料確保できる所はないか?』
私「風が強いので今車両を動かすこと自体が危険。風が弱くなった隙に移動します」
先輩『ホテルは近くにないか?』
私「最悪、キャンピングカーで車中泊します」

その日の私はどこか冷静でいれた。
それはキャンピングカーに乗っていたからだと思います。
FFストーブで温かいし、マットレスがあるので足を伸ばして寝ることができる。
FFストーブは、車体の燃料タンクを使って動く。10時間でだいたい4Lくらいの消費でエコだとわかっていたので、残燃料と夜が明ける時間を計算しても、大丈夫だろうという算段があったから。

強風や大雨、大雪の時は、無理に運転せず、一旦どこか安全な所で休憩する。
こまめに燃料さえ入れておけば、クーラーエアコンも暖房も使える。
簡易キッチンや、荷物を入れるスペースもある。
ベンチレーターという換気扇もある。

無理をせず、嵐がすぎるのを待つ。時を待とう。
大自然の猛威を相手に、人は成す術を知らない。だが、自分の動きはコントロールができる。
キャンピングカーは、微力な自分の見方になってくれた。

・アウトドアのレジャーとしての利用
・レンタカーとしての移動手段としての利用(2次交通としても)
・宿泊場所としての利用
・ワーケーションやリモートワークなどのモバイルオフィスとしての利用
・災害時での利用
・医療への利用
・撮影ロケ現場での利用 etc.
キャンピングカーというリソースは、様々な場面への汎用性があるのではないかと感じています。

今後の為にも、良い経験ができました。
キャンピングカーをはじめてレンタルされる方は、是非とも無理な運転はせず、安全運転で楽しんで頂きたいと思っております。

その時の模様動画です↓
https://www.youtube.com/watch?v=ofo3z_PVAYo

to be continued

北海道キャンピングカーレンタル 
DO CAMPER
〜「モノ」より「コト」の思い出作り〜
ウェブサイト https://do-camper.com/
メールアドレス info@do-camper.com
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/docamper.hokkaido/
公式Instagram:https://www.instagram.com/docamper/

#北海道 #キャンピングカー #docamper #モノよりコトの思い出作り #vanlife #camp #docamper_photo #コルドバンクス #セレンゲティ #車中泊 #ペット #ワンちゃん #hokkaido #campingcar #campervan #キャンプ #冬休み #冬車中泊#ホワイトアウト#猛吹雪#通行止#日勝峠#避難所#医療支援#2次交通#レジャー#災害支援#ワーケーション#リモートワーク#モバイルオフィス#川南#強風

ご予約・お問い合わせ

Tel0123-29-5590

北海道キャンピングカーレンタル DO CAMPER
札幌営業所 営業時間(平日8:00~19:00)
千歳営業所 営業時間(10:00~19:00)